頭脳警察結成50周年記念プロジェクト

MOVIE

Document movie

 
撮影中の映像のなかから特報をお届けします。お楽しみに!

Reason for Movie Production

ドキュメンタリー映画について

日本におけるロックの源流を生み出し、カウンター・カルチャーをリードしてきた頭脳警察は、半世紀を経た今もなお世界へメッセージを発信しています。彼らの足跡と未来へのメッセージを永遠に刻印するため、映画製作会社ドッグシュガーは一本のドキュメンタリー作品を製作します。
 
いくつもの時代をまたいだ作品となるため、そのプロダクトには遠大な時間と労力が必要となります。ロック・スピリットの体現者・頭脳警察の生きた激動の50年を見つめ直すこの機会に、ともにこの混迷の時代を生きる皆様のご助力をいただきたく、このクラウドファンディングを立ち上げました。
 
皆様からの「想い」の持ち寄りによって、孤高のアーチストが生きた時間をふたたび紡いでゆくことを目指します。
それらをいつか「世界夫人」のもとへ届けるために。

Greeting from Film Maker

ドッグシュガーからのご挨拶

映画製作会社ドッグシュガーもまた、これまでいくつもの“カウンター”を世界に撃ち込んできました。たとえば劇場公開作品として、2009年『アジアの純真』、2017年『いぬむこいり』など。
 これらは大きなムーブメントには至りませんでしたが、各界で活躍するさまざまな方々に賛意を得ることができた幸運な作品となりました。
 
そして・・・ドッグシュガーはいま、あらたな挑戦をはじめます。
それはこの国が生んだ最高純度の叛逆児、頭脳警察のドキュメンタリーを製作するということ。
いつしか年齢を重ねたロック・アーチストたちが、いま何をこの世界に撃ち込もうとしているのかを延々と目撃し記録し続ける。そしてそこから、この時代にとって本当に大切なものは何かを感じ取ってゆく。
それがこのドキュメンタリー企画の出発点です。
 
2019年は、頭脳警察結成50年の節目でもあります。
頭脳警察にとっての半世紀、そして我々にとっての失われた時間を探し求めるために、この作品の製作には一年半以上の期間が必要となります(すでに撮影は開始しています)。
この作品をたくさんの人々に届けられるその日まで、ドッグシュガーはサポーターの皆様とともに歩んで行けることを願っています。
 
 
ドッグシュガーの仕事や企業情報についてはこちらをご覧ください
ドッグシュガー公式サイト